top of page
検索
  • 執筆者の写真サル(大石昭)

道路にはお気をつけて

コンにちは!コンとサルのサルです!

この前は、敷地の一部が道路に供されていいるにも係わらず

固定資産税が課税されているケースをお話しました。

昨日はとある金融機関の融資担当者から

自宅土地建物は相続登記されているけれど、前面道路(私道)の

共有持分が亡くなった祖父のまま、という不動産の評価について

相談を受けました。

祖父には5人の子供がいて、その子供(孫)が14人いるそうです。

中には音信不通の人も・・・。

この道路部分は宅地とは別の地番が付いていますが、道路のため

非課税扱いだったようです。相続登記時に見過したのでしょう。

評価の前に、やるべきことができました。

不動産にとって道路はとても大切なパートナー、

売る時も、買う時も気を付けましょう!




閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page