top of page
検索
  • 執筆者の写真サル(大石昭)

税理士や周りの専門ブレーンの腕のみせどころ

こんにちは!

コンとサルの、サルです


昨日は税理士と不動産鑑定士の専門家お二人と

勉強会を兼ねた食事会でした。

お互いの専門分野の出来事を話し合うことにより

その業界のタイムリーでホットな生きた情報を

共有することにより、自己の業務精度を上げよう

という主旨です。

今回はタワーマンション税制について語りました。

巷では「富裕層のタワマン節税が終わった」とか

「タワマン住民にのしかかる大増税」などなど

タワマンを購入した者が地獄を見るかのような記事

を面白おかしく書かれています。

例えば、今回の評価方法の変更によって

「12万円だった相続税が42倍の508万円に!」という

計算例がありました。確かに計算上はそうなりますし、

42倍、508万はとてつもない数字です・・。

ただ、税理士曰く(ちなみにこの先生は資産税専門の

優秀な税理士です)、「1億や2億のマンションを節税対策

で購入するような人が、路頭に迷うような額ではない。

気持ち的に、あぁ増えたな、とは思うでしょうが。それに

借入金もあるし、その他の節税方法もあり、それこそ

税理士や周りの専門ブレーンの腕のみせどころです」

との言葉には、サルも大きくうなずきの納得でした。

パワーカップルといった若者にとっては、相続税

はまだまだ先の話ですから。

それよりも問題なのは・・・・。

この続きは次回のサルのお話でつぶやきますね。

暑い日が続きますが、体調にはお気をつけください!

では!





閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page